紙おむつのパンツタイプはいつから?オムツの種類をうまく使いこなそう!

紙おむつのパンツタイプはいつから?オムツの種類をうまく使いこなそう!

紙おむつのパンツタイプはいつから?


紙おむつにはテープタイプとパンツタイプがありますね。だけど、実際いつパンツタイプにしたらいいのか分からないですよね。

今回はテープタイプとパンツタイプの切り替えのタイミングをお教えします!

いつ切り替えればいい?


結論から述べると、テープタイプからパンツタイプへの切り替えに明確な時期はありません!

多くのママが、テープタイプからパンツタイプに移行するタイミングは寝返りや、ずりばいを始めた頃ではないでしょうか。

ねんね期の頃は、手足をバタバタさせる程度なのでテープタイプでもパパッとオムツ替えができます。

しかし寝返りをし始めると、赤ちゃんも身体の使い方が分かればどんどんクルクルします。

そして、ずりばいをし始めオムツ替えをしようと思っても反り返ったり、寝返りしたりしてなかなかオムツ替えができません。

ただし寝返り、ずりばいが始まるのは赤ちゃんによってそれぞれ時期が異なります。

オムツ替えに時間がかかる!オムツ替えがしにくい!と感じることが多くなれば、パンツタイプへの切り替えを検討しましょう。

メリット、デメリットは?


テープタイプとパンツタイプには、それぞれメリット、デメリットがあります。特徴が分かれば使いやすさも変わりますよ。

テープタイプ

メリット
•パンツタイプに比べて、単価が安い。
•寝たまま変えられる。
•コンパクトに捨てられる。
デメリット
•赤ちゃんの動きが活発になると替えにくい。
•外出時、オムツ替えができるスペースがないと替えるのがむずかしい。
•テープが取れる場合がある。

テープタイプはパンツタイプに比べ、単価が安くオムツ替えしやすいのがメリットです。

しかし、赤ちゃんの動きが活発になるのに伴い、オムツ替えがしにくくなります。

テープがとれて、うんちやおしっこが漏れてしまうなんて事もあります。

パンツタイプ

メリット
•立ったまま履かせられる。
•うつ伏せの状態でも履かせられる。
•ずれにくい
デメリット
•一枚あたりの単価がテープタイプに比べて高い。
•慣れるのに時間がかかる。

パンツタイプの大きなメリットは立ったまま履かせられるということです。

寝返りをし始めた赤ちゃんに、寝返りをしたままオムツ替えができるのはもちろんですが、歩き始めるようになってからはパンツタイプが特に便利です。

外出時はオムツ替えできるスペースがなくても、普通のトイレで立ったまま履かせられるので便利という意見が多くあります。

ですが、一枚あたりの単価が高いのは、家計にも響きますね…。

筆者が思うこと


テープタイプとパンツタイプにそれぞれの特徴があり、使いやすさも異なります。

子育てをしながら思ったことは、使い分けること!

日中、よく動き回り遊ぶときにはパンツタイプにしています。

テープだと寝返りやずりばいをしたり、手足をバタバタさせたりするうちにテープが取れることがよくあります。

そうなると、服も余計に着替えさせなければならないので大変です。

あと外出する際はテープタイプを履かせることにしています。

お昼寝の時、就寝時にはテープタイプを使います。

動くことがないので一枚あたりの単価が安いテープタイプのオムツを履かせて節約しています。

このように子どもの成長に合わせて、ママが状況によって使い分けるといいですよ。

ただ多くのママが、パンツタイプは履かせにくいと感じています。

始めは慣れないので、すごく履かせづらいです。

ですが慣れればテープタイプと同じように、パパッと取り替えられますよ。

まとめ


寝返りをし始める時期、ずりばいをし始める時期は赤ちゃんによって異なります。

赤ちゃんの成長はそれぞれ違うので、様子を見ながらパンツタイプへの移行を検討しましょう。

テープタイプやパンツタイプは使い勝手が異なります。

赤ちゃんの状況によって替えてあげるといいですよ。

パンツタイプのオムツは慣れるのにすこし時間がかかるので、早めに切り替えてもいいかもしれませんね。
参考URL https://www.youtube.com/watch?v=A0QBFbNVrUY