熱中症から赤ちゃんを守る夏の過ごし方は?~屋外編~

熱中症から赤ちゃんを守る夏の過ごし方は?~屋外編~

赤ちゃんは声に出して気持ちを訴える事が出来ません。今暑いのか、寒いのか、着替えたいのかなど、ママが赤ちゃんの気持ちを汲み取ってあげないと行けませんね。

夏は外出時、気をつける事、注意点などをお伝えしますね。

熱中症対策


夏は熱中症に気をつけなければなりません。外出する場合には熱中症にならない為に対策をし、準備をしてお出かけをしましょう。

外出する場合


1.できるだけ涼しい時間帯を選ぶ
気分転換にお買い物やお散歩がしたくなりますが、外出はできるだけ涼しい時間帯を選ぶようにしましょう。

お昼間の気温が高くなる時間帯を避け、朝早くか、夕方頃がいいでしょう。

どうしても暑い時間帯にお出かけをしなければいけない場合には、熱中症や紫外線対策をしてから外出しましょう。


2.しっかり水分補給をする
外出する場合は、母乳やミルクのほかにも飲ませられる麦茶などを用意しておきましょう。

特に離乳食前の子は、水分不足になりやすいのでこまめに飲ませるようにしてください。


3.通気性の良い服を着る
赤ちゃんはたくさんの汗をかきます。

通気性の良い服を着せ、身体に熱がこもらないようにしましょう。

また、外出時間が長くなる場合には着替えを何枚かもっていくといいですよ。


4.直射日光をさける
帽子をかぶる、ベビー用の日焼け止めクリームを塗るなど、

直射日光に当たらないようにしましょう。


5.食中毒に気をつける
離乳食を持ち歩く場合があるかと思いますが、腐らないように気をつけましょう。

保冷剤を入れるなど対策をしっかりと!

ベビーカーで外出の場合


赤ちゃんが乗っているベビーカーの位置は、アスファルトに近く外気温より3〜5度高いと言われています。

熱がこもりやすいので、特に気をつけなければいけません。


1.日よけカバーをする
直射日光を避けるために、日よけカバーを必ずしましょう。

また、手や足が隠れずに日光に当たってしまう場合には、薄手のタオルで隠して直射日光が当たらないように工夫するといいですよ。


2.保冷シート、保冷剤を使用する
ベビーカーの背中に貼り付けられるものや、首に巻いて使用する保冷剤を活用しましょう。

直接当たらないようにガーゼやハンカチなどで包んでくださいね。


3.小型扇風機などを使う
ベビーカーに取り付けられるようにクリップ型の扇風機が売っています。

扇風機で風を送り、身体の熱を逃がしてあげましょう。

また、うちわや扇子でも煽ってあげると良いですね。

抱っこ紐で外出する場合


抱っこ紐はママと赤ちゃんが密着している状態なので、赤ちゃんにとってはとても暑いです。

できれば、抱っこ紐での外出は避けたいです。

しかし抱っこ紐で外出しなければいけない場合でも、しっかりと対策をして外出しましょう。


1.保冷剤を使用する
赤ちゃんの背中に当たるように保冷剤を入れましょう。

低温やけどしないように、ガーゼなどで包みましょう。


2.日傘を使用する
直射日光が当たらないように日傘をさしましょう。

赤ちゃんにも帽子をかぶせましょう。


3.通気性の良い抱っこ紐を使用する
身体の熱がこもりにくいメッシュなどの通気性の良い抱っこ紐を使うのが望ましいです。

屋外から屋内に入る時


スーパーやショッピングセンター、電車の中などは、クーラーが良く効いていますよね。

暑いむしむしとした外から、クーラーが良く効いている部屋などに入る場合には注意が必要です。

外でしっかり汗をかいた赤ちゃんが、クーラーの効いている空間に入ると汗が冷えます。

寒く感じたり、風邪を引いたりしてしまう場合もあります。

薄手の羽織るもの(パーカーがオススメ)やおくるみやタオルなどを持ち歩き、寒く感じる場合にはかけてあげましょう。

まとめ


共通して、外出する場合には水分補給と休憩をこまめにはさみましょう。

赤ちゃんは声に出して訴えられないので、ママが赤ちゃんの様子を確認してください。

変わった様子がないか、定期的に赤ちゃんを見てチェックしましょう。

しっかりと対策をして、暑苦しい過ごしにくい夏を乗り切って下さいね。

 

-PR-

プレゼントにも大人気でテレビやひよこクラブでも紹介されたマンチートボウル!!

今後の新商品のお知らせやクーポン配布も行っているLINE@はこちらから↓

-現在開催中のキャンぺーン-